FC2ブログ

つながり天国―労働者種族は絶滅危惧種!―要約資本論

日記・小説、文学・恋愛
08 /18 2018
絶滅しかかっているのに、ぼーと生きてんじゃねえよ!
日本の労働者種族は絶滅しかかっている。
低賃金非正規労働者は結婚もできない。貧乏な男は女に嫌われる。結婚してもまともに生活できないではないか。逆に、非正規の男は正規の女を求める。そうすれば生活できるかもしれない。
ここでは結婚が愛ではなく、生活だということが分かる。「恋愛と結婚は別」などというが、このことだろう。結婚は生活である。就職が生活であるように。
これをひっくり返して、「愛こそ大事だ」と言えるだろうか。
結婚においては愛こそ大事である。相手への、男への、女への、愛こそ大事である。相手の素晴らしさを認める。愛する。
そのようにして、貧乏を恐れず結婚しても、子供を産めない。育てられないと思ってしまう。保育園に預けられなかったら仕事ができない。
仮に生んだとしても一人だろう。子育ての費用も大変だし、教育費もなかなかかかる。ケイタイ代や、塾に通わせる費用はどうするのか。親は低賃金で必死に働かなくてはならない。
仮に夫婦二人から子供一人なら、人口は半分になるではないか。半分半分になって行って、ついには、労働者種族は絶滅するのではないか。何年先になるか分らないが。―(中略)
「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」
まず私たちがやらなくてはならないことは、己を知ることだろう。
「就職が生活のためである」という現状に、埋没するのではない。生活費を、金を得るためだということを黙認するのではない。ひっくり返す。
労働者は自らの労働の価値を知り、自分が素晴らしいことを、労働者が素晴らしいことを知らなくてはならない。労働しているのは労働者なのだ。
自分を認め、労働者を認めなくてはいけない。己を知らなくてはならない。資本家や知識人や支配者が素晴らしいのではない。労働者こそ素晴らしい。
労働者を認める。労働者を愛する。仕事そのものの価値を認める。(後略)

以上のような「はじめに」で始める原稿を書いてみました。
出版して、多数の労働者に届けたい。ぼーと生きている私自身を「ぼーと生きてんじゃねえよ」と罵倒したい。
絶滅されかけている労働者を励まし、絶滅から逃れるように、一緒に闘うよう奮起を促したい。
応援して下さい !
スポンサーサイト

つながり天国―「核兵器禁止条約」と「戦争禁止条約」

日記・小説、文学・恋愛
08 /13 2018
核兵器禁止条約に参加し、核兵器をなくそう
核兵器禁止条約ができて一年。8月6日の広島でも、8月9日の長崎でも、アベ首相はこれに一言も触れなかった。
被爆者は怒っている。日本人民は怒っている。この条約にすべての国は参加し、世界から核兵器をなくそう。、
さらに、「戦争禁止条約」を作り、全世界から戦争をなくそう。
「戦争禁止条約」を作ろう!

つながり天国―シャープが工場を海外移転

日記・小説、文学・恋愛
08 /09 2018
工場の海外移転反対
シャープが二つの工場を海外移転するとか。製造業の空洞化に反対する。労働者の失業に反対する。
低賃金化反対。非正規化反対。これでは労働者は結婚もできない。子供も産めない。
少子高齢化するばかりだ。―下請け企業はどうなるのか。倒産するのか。
シャープは台湾企業に買収されたのか。東芝はどうなったのか。
トヨタはメキシコやアメリカではなく、日本に工場を作れ。

つながり天国ー 万全の態勢、だと

日記・小説、文学・恋愛
07 /18 2018
万全の態勢だと
★「万全の態勢で対応」死者200名超
★「万全の態勢で対応」酒盛りをして
★豪雨やまずどこかが狂った自然もアベも
★米経済「バブル崩壊の足音」土石流のように
ーー朝日新聞7月18日、原真人編集委員―「波聞風問」
リーマンショックから10年。またバブルが崩壊するのか。

つながり天国―7月5日の検証を

日記・小説、文学・恋愛
07 /17 2018
記録的豪雨ー7月5日の検証が必要だ
死者200名を超える大災害になった。なぜこうなったのか。
こうした悲劇を繰り返さないためにも、7月5日の検証が必要だ。
①午後2時の気象庁発表はちゃんと伝わったのか
 5日から8日にかけて、記録的豪雨が続く恐れあり、という警報はどこにどう伝わったのか。それでどう対策が取られたのか。
②内閣府の災害警戒会議が午後3時半に開かれた
 何をどう決め、どこにどう伝えられたのか。どうゆう対策を取ったのか。
③午後5時再び気象庁が記録的豪雨が続く恐れありと発表する
 この警報はどこにどう伝わり、だれがどう動いたのか。どう対策が取られたのか。
 気象庁の警報はインパクトが弱かったのか。「記録的豪雨警報」とでもいえばよかったのか。
 該当する県庁や市町村に流されたのか。24時間大雨予報はどうか。
④京都や長崎ですでに豪雨になっていたというがどんな状況だったのか 
 あちこちで避難指示などが出ていたようだが、内閣は知らなかったのか。どう行動したのか。
⑤こうした状況での、自民党赤坂亭の酒盛りは許されるのか 
 警報を無視しての酒盛り。死者200名を超える災害になった結果責任として、アベ内閣責任者は、当然責任を取って辞めるべきではないのか。
 「私には責任がない。担当大臣のせいだ」とでもいうのか。
 やめよ。こんな内閣はいらない。無責任内閣はいらない。
⑥NHKクローズアップ現代―キロクアメ(10時から)は気象庁の警報からずれていなかったか
 気象予報士が一生懸命に、「5日から8日にかけて大雨が続く恐れ」を強調していたが、司会者や他の者、番組はあれこれと焦点がばらけていた。長期予報だとか海水温とか。異常気象と。
 気象庁とともに、まず豪雨警報を出すべきではなかったのか。気象庁とつなぐべきだった。
⑦広島や倉敷、真備町などは過去の経験が生かされたのか
 広島では4年前77人も亡くなっている。真備町では1972年、76年と氾濫がおこっている。
 どう造成地対策、大雨対策が取られたのか。小田川の高梁川との合流点での流れをなぜ変えなかったのか。
以上のように問題はいろいろある。検証し、対策しないと、同じことが起こるだろう。

susumumusi

戦後を生きてきて、70余年。今頃ブログなどとなかなか難しい。ぜひ分からないところをいろいろと教えてほしい。あれこれと経験した中で、何か若い人にも参考になるところがあるような、そんなブログになったらよいのだが。FC2ブログへようこそ!