FC2ブログ

辞書を引いて言葉を覚えることの大事さ

日記・小説、文学・恋愛
05 /29 2018
払沢の滝
辞書を引いて言葉を覚える
セーラー服の歌人鳥居さんは、小学校もろくろく通えなかったが、
新聞を辞書を引きながら読み、言葉を覚え、沢山の素晴らしい短歌を作った。
★虐げる人が居る家ならいっそ草原へ行こうキリンの背に乗り
★いつまでも時間は止まる母の死は巡る私を置き去りにして  「キリンの子」
言葉を覚える、知識を得る、これが基本ではないか。一つ一つ言葉を覚えてゆく。
難しい[資本論を辞書を引いて読んだ     
私はマルクス[資本論]の第一章を辞書を引いて読んでみた。資本論はなかなか難しい。
しかし、辞書を引いて読めば読めないことはないのだ。
たとえば,「物象」などという言葉が出てくる。物の形、といった意味なのだが、「物象化」
というと別の意味になる。-人間と人間の関係なのに、貨幣や商品などの関係が物と物の関係である
かのように表れること。物の属性、性質であるかのようになるという。
なかなか難しい。一つ一つ理解していくしかない。
「広辞苑」は重すぎる、高すぎる、いらない言葉が多すぎる
「広辞苑大学」などというのが宣伝されているが、辞書を引いて言葉を知る喜びや楽しさを忘れてはいないだろうか。
広辞苑を売らんかな、売らんかなになっていないか。
特別価格(6月30日まで)8500円、そのあとは9000円とか。高すぎないか。金持ちが買うのか。
いらない言葉を減らし、古文の引用を減らすなどしたら、もっとスリムに、安くなるだろう。
いらない機能を一杯付けて、付加価値だなどと高く売る電気製品のやり方に似てないか。
もっと民衆、大衆のための辞書にすべきではないか。どう思いますか。
スポンサーサイト

やさぐれ節

日記・小説、文学・恋愛
05 /22 2018
   やさぐれ節
会社で仕事に慣れてきて
「ここがおかしい」と言ったら、転勤させられた
次の所で「ここか゜おかしい」と言ったら
また転勤させられた
三ヵ所目、「ここがおかしい」と言ったら
一番下の地位に降格させられた
 だから、もうあれこれ言うのをやめた
やさぐれた !
 
やさぐれるーぐれる、外れる、家から外れる
家出する、不良になる
ふてくされて、無気力で、投げやりになる
野良猫、ホームレス、ゴミマンション、ゴミ屋敷
酒浸り、ギャンブル中毒
やさーさや(鞘)の隠語、自分の収まる場所、家
隠語ー仲間の間でだけ通用する言葉

だが、しかし、やさぐれてはいけないことがある
大事に思うことはやさぐれてはいけない
難しいのが問題、なかなか分からない
うるさいのが家族、他人はうるさく言わない
投げやりより、つながりが大事
閉ざされた感情が、閉ざされた環境を作る
ひきこもり、孤立したくはない

あなたはやさぐれていないか
どうでも良いことはどうでも良い
大事なことを見つけよう
誰がどう言おうと、何がどうなろうと
大事なことは離さないで行こう
問題解決に向けて闘おう
闘えばつながりが゛できる
頑張っていけば良いこともある
決して希望を失うな、絶望などないのだから

つながり天国―つながる方法

日記・小説、文学・恋愛
05 /17 2018
つながりは闘うことから生まれる
何かやろうとするとなかなかうまくいかないものだ。やってもやってもうまくいかない。いやになる。疲れる。
人との関係においてもそうだ。人はこちらの言いなりにはならない。
あれこれといちゃもんをつけ、批判し、文句を言い、足を引っ張る。
そこでやる気を失う。面白くない。どうでもいい。やりたくない。投げやりになる。
心がさめる。冷える。そうして身を引き、孤立し、孤独になる。
大事なことはやり続けよう!
やりたいこと、面白いと思うこと、大切なことは離さない。困難でも、うまくいかなくても、苦しくても、やり続けよう。
闘うことからしか希望は生まれない。分かるようにならない。できるようにならない。
そうじゃないだろうか。どうでもいいことはやめよう。つまらない、足を引っ張る連中とは縁を切ろう。
闘う者に人はひきつけられる。魅力を感じる。人が寄ってくる。がんばれと励ましてくれる。
希望を示す人に人は寄ってくる。うれしくなる。楽しくなる。
「希望は未来にあるものだから、だれも否定できない」
ー中国の作家魯迅(ろじん)の言葉は真実だろう。
私のささやかな詩
    楢山節考―2009年
 雪が降ってきた
 おりんは白狐のように一点を見つめながら念仏を唱えていた
 「おっかあ、雪が降ってきたよう」
 おりんは静かに手を出して辰平の方に振った
 それは帰れ帰れと言っているようである
 「おっかあ、寒いだろうな」
 「おっかあ、雪が降って運がいいなあ、山へ行く日に」
     “おばあ捨てるか裏山へ 裏じゃ蟹でも這って来る
      這って来たとて戸で入れぬ 蟹は夜なく鳥じゃない
      何ぼ寒いとって綿入れを 山へ行くにゃ着せられぬ“

  東京都心の日比谷に
  「年越し派遣村」という村があった
  あちこちの工場で捨てられた500人もの労働者が
  温かいみそ汁を求めて集まってきた
  心優しい350人が支援に駆け付けた
  小さな村がかがり火のように輝いていた
  雪が降ってきた
      「声を上げれば変えられる、社会を変えるきっかけに」
      「バラバラだと不安だが、集まってこそ力になる」
      「何ぼ寒いとて燃える火を 消し去ることなどできはせぬ」
★「楢山節考」ー深沢七郎の小説

リンゴと労働と金

日記・小説、文学・恋愛
05 /15 2018
りんごと手袋と百円
リンゴはそれを栽培する労働によって作られる。
だから、リンゴは労働の塊、結晶だろう。蓄積された労働。
労働することで富が作られるのだから、金もまた労働の結晶だろう。蓄積された労働。
すると、リンゴと百円玉が交換されるなら、この交換は労働の結晶と労働の結晶の交換になる。
しかし、労働は見えない。見えるのはリンゴと百円玉の交換。人は見えない。消えてしまう。
労働こそ尊いのに。人間こそ尊いのに。人間が消える。
金さえあれば何でも手に入るという錯覚が生まれる。金こそ尊いと。
こんなことも言える。
心と心がつながるーなどと言うが、心は言わないと分からない。
しかし、言葉は弱い。なかなか分かってもらえない。理解してもらえない。
だから、言葉を強くしなくてはいけない。どうやって強くするのか。たとえば、
①リフレーン―繰り返す。
②大きく書いたり、大声を出したりする。注目を集める。
③比喩で表現したり、リズム―音楽、歌にしたりする。
④具体的に目に見えるように言う―映像化する。
⑤擬音語―しとしと、ぎしぎし、擬態語―ふらふら、にやにや、などを使う。
⑥幻想や、想像を働かせる。おやと思わせる。
⑦五感を使う。視覚だけではない。聴覚だけでない。五感ー目、耳、鼻、舌、感触、色彩など。
いろいろ考えなくてはいけないようだ。言葉はむなしい。しかし、大事だろう。
行動が必要になる。行動こそ強い。形になる。りんごになる。

つながり天国ー八重桜

日記・小説、文学・恋愛
05 /07 2018
やえざくら
座間9人殺人事件はショックだった。
①自殺志願の若い子がうろうろいるのか?
②平然と9人も殺してー氷のような心か。異常だ。
③「金を奪うため」というが、金のためにらそんなに冷酷になれるのか。
金は人を冷酷にするのか。冷酷な世の中の反映なのか。冷たい。
どちらも孤独なのか。相談する相手がいない。
つながっているのにつながらない。労働でつながっているのに、孤独だ。
労働が富を生む。金ではないのに、金が尊く見える。
つながりが見えない。どうしたらよいのか。どうしたらつながるのか。
あなたの意見を寄せてほしい。聞かせてほしい。

つながり天国―孤独大国

日記・小説、文学・恋愛
05 /05 2018
ボタン
ボタンンの花 
シャクヤクはぼたん
シャクナゲはつつじ
しゃくな時は笑ってみよう

初夏の公園

日記・小説、文学・恋愛
05 /05 2018
ネモフィラ


初写真投稿
試しに4月後半に見に行った、ネモフィラの写真を載せてみました。

つながり天国―孤独大国ーつながる俳句

日記・小説、文学・恋愛
05 /03 2018
俳人の辻桃子さんはこう述べています。(「やさしい俳句の作り方」)
「俳句を作るうえで、一番大事なことは、自分の感じたことを、素直にわかりやすく、です」
5・7・5です。あれこれ考えないで、作ってみませんか。

つながり天国―孤独大国ーつながる俳句・短歌・詩

未分類
05 /03 2018
新緑のきれいな季節になりました。
★新緑は生きているなあホーホケキョ
★葉桜や毛虫ブランコゆうらゆら
★新緑や草に座って談笑す
★鯉のぼり体うねらせ激流に
  ここから飛躍―遠いところや過去、未来などに思いを飛ばす。
★一本松防風林を消した波
★春嵐歌人鳥居の母の愛 
 「自殺した母が私を愛してくれたから、私は生きられる」ー愛することで人を生かす。母。
  自分はどうだったのだろうか。「自分を愛する」ことで自分を生かせなかったのか。
  人は愛されて生きられる。そして、人を愛して人を生かす。
★駅前でつくねんと座(ざ)す五月かぜ
★駅前を声なく歩む五月かぜ

つながり天国

未分類
05 /01 2018
孤独とか、孤独死とか、おひとり様とか、孤独が問題になっていますが、本当は人と人は労働によってつながっている。それが見えない。たとえばリンゴ一つ買っても、そのリンゴを栽培した人、運んだ人、売る人などたくさんの人の労働があった。それらの労働や、労働した人とつながっている。

susumumusi

戦後を生きてきて、70余年。今頃ブログなどとなかなか難しい。ぜひ分からないところをいろいろと教えてほしい。あれこれと経験した中で、何か若い人にも参考になるところがあるような、そんなブログになったらよいのだが。FC2ブログへようこそ!