FC2ブログ

つながり天国―元を絶たなきゃダメ

日記・小説、文学・恋愛
06 /28 2018
トヨタはメキシコやアメリカではなく、日本に工場を作れ
トランプ政権の高関税や投資制限など、貿易戦争などといったことが報じられている。
アメリカに製造業をよみがえらせることなどできるのだろうか。失業した白人労働者を救えるのか。
日本でも国際競争力だなどと、資本家、大企業、財界は中国や東南アジア、メキシコなどに工場を移してきた。
国内で派遣や期間従業員、パートなど非正規労働者を増やして、低賃金化を追求した。
労働者の側がやるべきはこれに反対することではないのか。なぜ反対しないのか。
賃上げしろとか、非正規を正社員にしろとか、格差拡大反対とか言ってみても、問題は解決しない。
高プロ反対、過労死反対といっても、その元は低賃金化を追求していることではないか。
労働者のことや製造業の空洞化など、財界や独占資本、銀行にとってはどうでもいいのだ。自分らが儲ければよいのだ。
それをアベ政権が支え、公明党や維新や希望の党が支えているのか。
元を絶たなきゃダメ!
工場の海外移転反対。労働者差別反対。非正規化反対。すべての労働者を正社員にせよ。
結婚もできない低賃金で、どうするのか。子供も産めない。少子化するだろう。
トヨタは日本に工場を作れ。トヨタやその資本家のことしか考えないような企業はいらないのではないか。
労働者の利益を追求しよう。労働者や勤労者こそ多数なのだ。
自由貿易だなどと利益を得ているのは独占資本家であり、労働者は貧しくなっているだけではないか。
一握りの資本家、独占資本家、銀行のためではなく、多数の労働者、勤労者のために闘おう。多数のために闘おう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

susumumusi

戦後を生きてきて、70余年。今頃ブログなどとなかなか難しい。ぜひ分からないところをいろいろと教えてほしい。あれこれと経験した中で、何か若い人にも参考になるところがあるような、そんなブログになったらよいのだが。FC2ブログへようこそ!